今日、ビックカメラでとある商品を買ってきました! 

それがこちらです!
 
IMG_1389

机の表面が汚いですがww


このケーブルは
「Mini DisplayPort - VGAアダプタ」
というものでVGAケーブルをThunderboltに変換してくれるやつです。

最新のMacBookAir13インチではThunderboltがMiniDisplayPortに対応しているので
使いやすいですよ!

Apple-MiniDisplayPort VGAアダプタ ホームページ
08(2)


VGAというのはこういうやつです。

35(2)

そんで
刺す穴が(PCについているポート)こんな感じです。

46(2)

結構似ているやつがあったりするので気をつけてくださいね!

ちなみに、

HDMI端子はこれ。

ケーブル

36(2)

ポート

14(2)

MacBookAirには付いていないねー
欲しかったりするw

MacBookProやiMacには付いています。

Apple MiniDisplayPort to HDMI ホームページ

そしてこれがDVIアダプター。

ケーブル
11(2)

ポート
54(2)

この画像の右側は+の形をしていますが「ー」のもあります。
ちなみにAppleで販売しているMiniDisplayPort - DVIアダプタは「ー」なので注意してください。

Apple MiniDisplayPort - DVIアダプタ ホームページ


では本題に入りましょう。

筆者はサブディスプレイを持っていたのですが、
ずっと熟成してありました。

ようやくVGAアダプタを購入することができたので、

机周りが快適になりました!


こんな感じです!

S赤7な

左のがサブです。
そして右下にあるのがMacBookAir13インチです。

MacBookAirにはこんな感じに接続してあります。
IMG_1392

ThunderBoltポートに刺さってます!
結構デリケートなので優しく扱ってください!
何と言ってもThunderboltの付いているケーブルは高い!!

ちなみにThunderbolt - ThunderboltのケーブルはApleで販売されているやつで4,500円ですw

Apple Thunderboltケーブル 2m ホームページ

お次は設定方法です!

これがわかんなきゃはじまりませんw

YouTubeでも紹介されていると思いきやあんまり紹介されていませんw

それでは行ってみましょう!

まずは「システム環境設定」を開いてください。
そして「ディスプレイ」を選択。
16

そんで「配置」を選択。
30

この状態で左の青い四角を動かします。(初期状態だと右にあるはずです)

この上部に白いバーが付いていない青い四角はサブディスプレイを示し、
白いバーが付いている青い四角はこのMacを示しています。

メインMacをサブディスプレイにしたければ白いバーをサブディスプレイにドラッグ&ドロップ
することによって変更することができます。

ちなみに「ディスプレイをミラーリング」を選択するとMacと同じ画面がサブディスプレイに表示されます。


次はサブディスプレイでの設定です。

メインのMacで「ディスプレイ」の環境設定を開くと自動的にサブに設定が表示されます。

カラーがなんか変な気がする人は以下のように設定すると案外なおります。
41(2)

「カラー」を選択して「Apple RGB」を選択してください。

するとMac本体のような色合いになると思います。

おまけ:
カーソルをディスプレイ間を移動させただけではそのディスプレイが選択されているわけではありませんので一回ディスプレイのどこかをクリックするとそのディスプレイが選択されている状態になります。
また、カーソルを画面最上部に持って行くと上のバーが青くなっていたら選択されていない状態です。
(全画面表示の時)

コマンドキー+Shiftキー+「3」  でスクリーンショットを撮ることができるのですが、
つないであるディスプレイの画面も同時に撮影されてしまうのがちょっと使いづらいですねw


いかがだったでしょうか。

サブディスプレイが増えると作業もしやすくなります。
でも頭の方向移動が増えるので自分にあったディスプレイの置き方を試して見つけてください。

質問などがありましたら以下のツイッターアカウントまで。

Orange777 Twitterアカウント

フォローよろしく!


ではでは!