41
ついにMinecraft
SnapShot

16w20aがきました!!! 

そんでは
知ってる範囲で内容を解説していきたいと思います!



まずは新しく追加されたブロックです。

00

上段は
「ストラクチャーブロック」というものです。

下段は左から順に
「Magma Block」(上に乗るとダメージを受けるようです)(光源)
「Nether Warm Block」
「Nether Red Brick」
「Born Block」


まずはストラクチャーブロックについてです。

1.
Sna1

Data Mode

まだ使い方がわかりませんw

2.
sna2

Save Mode


1段目の空欄に
セーブするフォルダの名前(例えです)を入力

2段目に選択範囲の原点を設定(このストラクチャーブロックからの相対座標)
3段目の空欄に
左からx,y,z座標としてセーブ範囲を決めます。

右下の「Save」ボタンで選択範囲にあるブロックのデータを保存します。

使い方としては、
右上のボタンを「オン」にすると(この動作は見やすくするためです)
13
このように青い四角が現れました。

選択範囲を選択して...
3.のブロックを置いて.....
04

3.のブロックにレッドストーン信号を与えると...
38

コピーされました!

ちなみにエンティティもコピーできます。
47


3.
sna3

このブロックは
2.で紹介したブロックでセーブした範囲をコピーしてペーストするブロックです。

90度ずつクローンを回転させてコピーできるので
今までの/clone コマンドよりも優れていますね。

4.
sna4

Cornr Mode

わかりません......

次は新しいMobについてです。

1.

11


Stray

スケルトンの新しいやつです。

/summon Skeleton ~ ~ ~ {SkeletonType:2}

で召喚します。

こいつは移動速度低下のポーション矢を撃ってきます。
51
ちなみにドロップとして移動速度低下の矢を落とすこともあります。

2.

27

Husk

ゾンビの新しいやつです

/summon Zombie ~ ~ ~ {ZombieType:6}

で召喚できます。

こいつに攻撃されると
空腹のダメージを受けます。
52

日光に当たっても燃えないようです。

新しいコマンド!

今までは防具たてだけでしか{NoGravity:1b}ができませんでしたが、
今回のスナップショットから全てのエンティティに付与することが可能になりました。
(※プレイヤーにはできませんでした。)

以下のように打ってみましょう。

(コマンドブロックの入手コマンド:
/give @p command_block    )
                 

/entitydata @e[type=!Player] {NoGravity:1b}

55

このコマンドブロックをリピートにしましょう。

そして手に持っているブロックなどを「Q」ボタンで飛ばしてみましょう。
すると向いている方向に飛んでいきます!


この動画はテスト動画です。
ぜひ参考にしてください。


おまけ!

経験値オーブも一応エンティティなので浮かせられます。

結構綺麗!
ホタルみたい!


ではでは!